バイのための厳選サイト紹介
らぶらぶメール
らぶらぶメールのバナー
様々な出会いが可能な人気サイト

らぶらぶメールは、登録無料だから安心! メル友や恋人、割り切った関係まで幅広い目的の出会いが可能! 若い世代を中心に最も賑わっているサイトです。

ツーピース
ツーピースのバナー
登録無料で速攻出会う!

出会いにお金はいらない!無料で使えて確実に出会うならツーピース。 希望の地域やタイプを選んで、理想の出会いを叶えてください。

DATE
DATEのバナー
最近話題沸騰中!!

DATEも最近人気が出てきています。 その理由は使いやすさと、出会いの実績。 サイト内の機能を使えば、素人でも簡単に好みの異性と出会えること間違いなし。

バイセクシャルだからこその出会いが必ずある!


先ずはバイセクシャルとは何かについて考えてみましょう。バイセクシャルは「両性愛者」と訳されています。それに対する言葉としてはヘテロセクシャル・「異性愛者」と訳されるものがあります。自分の知っている人や結婚を考えている相手が、バイセクシャルな人であったら、頭が混乱してしまうことでしょう。ホモセクシャル・「同性愛者」やバイセクシャルな人を話題にする時、人々は「その手の趣味の人」とか「その手の嗜好の人」という表現をしますが、それは間違いです。その手の「趣味・嗜好」ではなく、その人が本来持つ「性質」なのだということを先ずは理解しなければなりません。

「右利き」に比べ「左利き」は少数派です。少数派は悪いわけでもなく「その手の嗜好の人」でもありません。完全に性質と捉えることが必要です。一昔前までは「左利き」は完全にアウトローの世界でした。「右利き」に直さないのは「親の責任」であるとまで言われました。親と世間が「左利き」を無理に直そうとしたために、根性のひねくれた子まで出てくる始末でした。

ちょうど「私の彼は左利き」という歌がヒットしたあたりから「左利き」に対する偏見は薄らいできたと思われます。このように「左利き」はその人の持つ性質の一つであって「左利きを趣味にする人」ではないのです。

世間の多数派は少数派を差別・蔑視してきた事は歴史的な事実です。黒人や黄色人種・インディアン・エスキモーなどを差別・蔑視してきたことは否定はできません。白人種は人間の肌の色で白人より「能力が劣る」人種として捉えてきました。私たちも歴史の時間で「1492年・コロンブス、アメリカ大陸発見」と習いました。
しかし、コロンブスがアメリカ大陸を発見する前にも、アメリカ大陸には先住民族がいて、独自の文化を持っていたのですが、白人から見ると「能力の低い・取るに足りない文化」と位置づけしたのです。こういう意識は何も白人特有のものではありません。

「1853年・ペリー浦賀に来航」と習いましたが、「1853年・ペリー日本を発見」とは言いませんでした。日本人が勝手にアメリカ先住民族よりも、日本人の文化が遥かに進んでいると思っていたのです。今では欧米でも「1492年・コロンブス、アメリカ大陸発見」とは言わずに「1492年・コロンブス、アメリカ大陸に上陸」と言うそうです。

このように世間の偏見や誤った常識が、少しずつではありますが修正される方向にあります。知っている人や結婚を考えている相手が、バイセクシャルであったら、どう対処したらいいのでしょう。結婚を考えている人が一番危惧している点は、相手が将来、不特定多数の男女との「愛の交換」劇に向かうのではないかということではないでしょうか。

不特定多数の男女との愛の交換劇に向かう事は、異性愛の男女でも同じです。結婚している男女のうち一方が不倫行為に走るのと同じ行為で、「背任」行為であることには変わりはありません。このことはその人間の「不誠実性」の表れであって、バイセクシャルとは一線を画するものと考えられています。恋愛に関する価値観の問題とバイセクシャルの問題をごっちゃにしてはいけません。

関係者同士バイセクシャルという言葉を、どちらも恐れて口に出さないでいるならばとても不幸なことです。もっとオープンにして、互いを理解し認め合わなければ、結婚しても決してうまくいくことはないでしょう。先ずは「偏見」を捨てて話し合いましょう。頭の中では整理ができ「偏見」であると理解できるのですが、自分に降りかかってきた場合、どうしても許せないことってあります。そんな時は「友人」として付き合うことも視野に入れましょう。相手を「変態扱い」したり、誹謗中傷の末に別れたりするよりはずっと大人の対応ですから。

異性愛者と同性だけに愛を感じる同性愛者と、どちらとも関係を持てるバイセクシャルとの最大の違いは、バイセクシャルは双方の中間点に位置することではないでしょうか。しかし、バイセクシャルにも異性・同性どちらとも関係を持てる人はあまり多くなく、異性愛を続けていく段階で、ある時両性愛者であることに気付かされることがあるようです。この衝撃はいかほどか想像を絶するものでしょう。

古代ギリシャでは、家に妻がいても外では少年を愛するという行為が存在していました。これこそが本物のバイセクシャル・両性愛者というべきものでしょう。ただこの時代では、妻は子供を生み、子供の世話をするだけという風潮であったため、家の外で少年を愛するという行為は、まさしくホモセクシャルの原型と言えるでしょう。

バイセクシャルの場合でも、専ら異性に興味があり家庭を築き、子供と遊んでいる姿からは世間的には気付かれません。しかし体の中には、両性愛の因子が眠ったまま覚醒の時を待っている状態だと考えると、複雑な感情が沸いてきます。バイセクシャルの因子が、覚醒しないままに時が経過していけば、運命の波風に遭遇しない人生が開けます。この問題はとても複雑で一概には決め付けられない要素を含んでいます。

「機会的同性愛」という言葉があります。普段は異性愛者なのですが、ある特殊な環境において同性愛の兆候を示す場合があります。ある特殊な環境というのは軍隊組織・刑務所内・学生寮など、その環境におかれた場合だけ同性愛者となる現象です。ある特殊な環境から開放されると、また普段の異性愛者に戻るという現実がことの内容を複雑にしています。

この場合は同性愛と言っても、ある時期を経過するだけで異性愛者となるわけですから、どのようなカテゴリーに分類するかは決まっていないようです。広い意味の同性愛は、環境の変化によって誰にでも起こりうる現象だということを、理解することが必要です。

同性愛者は「異性の服装を真似る」といったことが巷では言われています。しかし各機関の研究では、そういう現象は見られません。反対に同性愛者は自我の性に確執する傾向にあるため、異性の服装の真似をするようなことには興味がないようです。このような同性愛者は「異性の服装を真似る」という都市伝説のような考えは、同性愛者を見分けて貶めようとする偏見が招く現象だと思われます。

同性愛は人間だけの問題ではありません。哺乳類や鳥類にもあります。一説には、群れを作って生活し移動することが、同性愛を促しているという学者もいます。動物の場合、子孫を作るのか作らないのかを以って、単純に同性愛行動と断定はできないようです。自然界にも存在する同性愛を、人間社会だけが毛嫌いする理由も見当たりません。